塾ノーバス-尾ノ上校

『聞く』と『聴く』

こんにちは。塾長です。

今回はコミュニケーションにおける「きく」の話をします。長いですので気が向いた人だけお読みください。


「聞く」と「聴く」の違い

「きく」という行為、その漢字は何種類あるかご存知ですか?実は3種類もあるんです。それぞれ意味は以下です。

『聞く』:音や声を耳に受ける。感じ取る。音や言葉が自然と入ってくる状態。

『訊く』:たずねて答えを求める。「尋問」「詰問」

『聴く』:心を落ち着け、注意して耳に入れる。主体的にきく行為。「傾聴」

なるほど、普段意識してませんが、きき方ひとつでここまで意味合いが変わるのですね。こうして見ると、私達の普段のコミュニケーションは「聞く」がとても多いように感じます。ちゃんときいているようで、単に音や声が聞こえているだけ、みたいなことがありませんか?私なんて、聞いてすらいないので、まあよく怒られます。(誰に?)

今回の話では、上から3番目の「聴く」に注目します。

「聴」の漢字の中に“耳”と“目”と“心”が入ってますね。それらをフルに使って自発的に聞くということです。つまり、耳を傾け相手の言葉を最後までしっかり聴き、目で表情やしぐさ、声のトーンに注意を払い、心で相手の感情や真意に共感する、ということです。実はこの『聴く』が、個別指導ではとても重要になってきます。


きっかけは会社員時代・・・

なぜ『聴く』に注目したか?きっかけは会社員時代でした。

当時忙しく、コミュニケーションはとかく一方通行になりがちでしたが、初めて部下を持った時期に自分なりのマネージメントができないかと模索したところ、“コーチング”という手法にたどり着きました。

コーチングは簡単に説明すると、相手の話をしっかり聴いて効果的な質問し、本人の気付きを促し、自発的な行動へと繋げるコミュニケーション手法です。ここでその詳細は割愛しますが、名だたる大企業がコーチングを取り入れそれまでのマネジメントシステムを見直し、コミュニケーションを双方向にすることで、部下の能力を最大限に引き出し、会社として大きな成果を上げていました。


そのコーチングの中で最も大切なのが、『聴く』という行為でした。コミュニケーションの成果を最大化するのは、シンプルにちゃんと相手の話を『聴ける』かどうかにかかっている。途中で話を遮らず、次に話すことを考えず、相手の伝えたいことを一旦そのまま受け取ること。そのためには、言葉のみならず声のトーンや表情を見て、感情や真意に共感しながら聴くことが必要である。これ、すごく難しいんです。当時、私も努力したつもりでしたが、結局最後まで苦労しました・・・。


個別指導における「聴く」の重要性

さてここからが本題です。

講師と生徒が1対1で向き合う個別指導塾では、当然、コミュニケーションがとても重要になります。主導している講師が生徒の話をいかに「きく」か、「単に聞く」のと「五感を使って主体的に聴く」のでは、大きく成果が違ってきます。


・授業に集中できているのか?

・何が不安なのか?

・どこまで分かってどこが分かってないのか?

・たまたま解けたのか自信があるのか?

・次に同じ問題が出たら1人で解けるか?


五感をフルに使って主体的に聴くことにより、これらを見極めることが出来ます。そうすると次の一手が明確に見えてきます。尾ノ上校では講師がその重要性を理解して授業に臨むように“心がけて”ます。例えば、講師のデスクに“指導の8か条”を掲げてますが、その1か条目に、“プリント見るな、顔を見ろ”という項目があります。実際はプリントを見ないと指導は出来ないのですが(笑)、そこばかり見ていると大事なことを見落とすよ、という警告が狙いです。五感を使ってちゃんと受け取って、最適な一手を打とう!ということです。


最後になりますが、主体的に『聴く』・・・これは簡単なことではありません。尾ノ上校は出来ているのか?と聞かれれば、いやあ、まだまだです。ちゃんと出来るようになるまで、多大な時間を要すかもしれません。しかし、それを意識するのとしないのとでは、将来の成果が大きく変わります。


いつの日か理想の『聴く』が出来るようになるまで、講師一同、地道に努力して参りますので、生徒・保護者の皆様、よろしくお願いします。


P.S.家族の会話も、この『聴く』はとても大事ですよ。ちなみに私は0点ですが・・・。


個別指導塾ノーバス 尾ノ上校

メール:onoue@nohvas-juku.com

電話:096-285-7822 (受付時間15時~21時/日曜除く)

 [2018-05-08]

<< 次のページ 前のページ >> 一覧を表示

最近のお知らせ

自己紹介 講師の梶谷です!

お知らせ画像

こんにちは。講師の梶谷です。 今日は私がこれまでどのように英語と付き合ってきたのかについてお話します。 中学生になったばかりのころは英語に大変苦戦しました。ローマ字すら読めなかったくらいですから、ずいぶんと後れを取りました。 最初は日本語と英語の違いに戸惑っていたのだと思います(「です」は英語ではなん...

[2018-05-24]

英文法は難しい?「三単現」とは・・・

お知らせ画像

こんにちは、スタッフの松元です。中学生は体育大会も終わり、だんだん期末テストが気になってきましたね。今日は最近の講師研修のなかから「三単現の(e)s」についてご紹介します。中学生になって本格的に英語の学習が始まり、一番最初に英語って難しいな・・・と感じる生徒さんが多いのがこの単元のようです。そこでノーバスの講師陣で「三...

[2018-05-23]

1学期期末テスト対策講座/中3模試対策講座のご案内

1学期期末テスト対策講座/中3模試対策講座のご案内

みなさんこんにちは!スタッフの渡部です。明日は体育大会がある中学校が多いですよね。暑い中大変だと思いますが頑張ってください!体育大会が終わると、中学3年生は模試、中学1~3年生は期末テストの時期がやってきますね。そこで!ノーバス尾ノ上校では、無料対策講座を行います。塾生はもちろん、お友達を連れてきてもいいし、塾生以外の...

[2018-05-19]

お知らせ一覧

RSS1.0RSS-更新情報

塾長紹介

竹尾 俊英塾長画像
個別指導塾ノーバス
尾ノ上校

塾長 竹尾 俊英

基本情報

862-0923
熊本県熊本市東区東京塚町18-46林田建設ビル1F

096-285-7822

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

<< >>

カテゴリー

トピックス

  • 私立中高学校情報ガイド
  • 本当の個別指導塾とは?

携帯版尾ノ上校

QRコード

お問い合わせ・資料請求

校舎一覧

  • 塾 東京
    • 塾 王子
    • 塾 荏原町 中延
    • 塾 馬込
    • 塾 西武柳沢
    • 塾 東久留米
    • 塾 小平
  • 塾 千葉
    • 塾 武蔵小杉
    • 塾 センター北
    • 塾 大船
  • 塾 埼玉
    • 塾 北浦和
    • 塾 南浦和
    • 塾 武蔵浦和
    • 塾 与野 上木崎
    • 塾 与野本町
    • 塾 越谷
    • 塾 北越谷
    • 塾 岩槻
    • 塾 大宮
  • 塾 千葉
    • 塾 松戸
    • 塾 稲毛
    • 塾 我孫子
    • 塾 幕張
  • 塾 栃木
    • 塾 宇都宮
    • 塾 宇都宮 県庁前通り
  • 塾 茨城
    • 塾 つくば学園の森
    • 塾 つくば大穂
  • 塾 山梨
    • 塾 甲府
  • 塾 愛知
    • 塾 半田宮池
  • 塾 大阪
    • 塾 千林
  • 塾 熊本
    • 塾 尾ノ上

資料請求

ページ上部へ戻る

個別指導塾ノーバス

  • お電話でのお問い合わせ:0120-546-634
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料体験授業